メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2019.03.26

プログラミング

Raspberry Piで出退勤システムを作ろう(PaSoRi、Python、音声出力編)

どうもこんにちは。山根です。カレーが恋しくなる季節になりましたね。

今回はPaSoRiについて記載します。

まずPaSoRiとは。

PaSoRiはSONYが製造と販売を行っている非接触型ICカードリーダーです。

FeliCaチップという同社作成のICチップが内蔵された物から読み込めます。

読み込める実用例は身近なものだとSuicaです。

その他、マイナンバーカードや住民基本台帳カードを使って、自宅で税務手続ができます。

私の買ったFeliCaは上記のWindows用製品で(IOS用も発売されています)、

せっかくなので、Windows10でこれがどんな感じで動くのかやってみたいと思います。

PaSoRiをPCのUSBに挿入すると、ドライバを勝手にインストールしてくれるらしいのですが、

私のPCではドライバが自動で起動してくれなかったので、

SONYのFeliCaサイトにて、「NFCポートソフトウェア(旧:FeliCaポートソフトウエア)」をインストールすると起動ができるようになりました。(赤枠の部分です)

起動してSuicaをタッチすると、以下の図になります。

残額と使用履歴が表示されていますね。

コンビニや自販機でsuica決済すると、メモ欄に商品名は載りませんが、「物販」と記載されます。

suica付きviewカードからsuica(氏名登録ありの物だけ)にお金をチャージできるそうですが、

今回、WindowsでのPaSoRiはこれで終わりです。

 

さて、本題のRaspberry Piに戻りましょう。

普通にUSBに挿入するだけでは起動はしません。

pythonのnfcpyというライブラリを使ってPaSoRiをつかえるようになるので、インストールしましょう。

$sudo pip install nfcpy

$sudo apt-get install python-usb

これで、使えるようになるかテストしてみましょう。

python nfcpy/examples/tagtool.py

felicaのIDが取れているので、成功です。

出力したい音声(wav形式)を作成し、ラズパイに投入、スピーカーを接続します。

スピーカーはこれを使用しております。

簡易的にソースコードを作成し、test2.pyとして保存

音声はalpay  ~~.webで再生されます

ファイル(csv)出力は今後何かに使うと思うので、とりあえずタッチしたSuicaのIDを出力させる処理を入れました。

SuicaのIDによって出力される音声を分岐させるif文も入れました。

これを実行します

IDを隠してはおりますが、IDとサウンドはしっかり出力され、無事、ID毎に分岐もできております。

Raspberry Piで音声が出ない場合、音声出力がデフォルトの設定から変更する必要がありますので、

下記のようにしていただくと音声が出力されます。

サウンドカードを変更し、Make Defaultを押します。

次回はこれを使って何をしましょうか…


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE