メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2017.12.26

プログラミング

エンジニアがICOにチャレンジ(1) オリジナル通貨『STRON ZERO』を発行

坂東です。

周囲でICOの景気良い話をよく聞くので自分でもやりたいなあと思っていました。
でも私はエンジニアな訳で、ブロックチェーンやスマートコントラクトの実装は理解しても市場や金融の事はよくわかりません。
イコイコしてるツテに教えを請うも、億万円単位で日々儲かり引き合いも多数のようで相手にしてくれません。

 

私なりの理解ですが、ICOとはこのような手順だと思っています。

  1. ERC20準拠のスマートコントラクトを実装する
  2. ICOの紹介サイトにアップし広報する
  3. トークンを売る
  4. 取引所に審査と光学な手数料を払って上場する

もうどれひとつとっても面倒くさい…
スマートコントラクトはデバッグ難度が高い、
ICOサイトは英語で良くわからない、
トークンを買ってもらうにはホワイトペーパー作成とかプロモーションとか大変、
上場するには安いところでも300万円くらいの手数料が必要。
個人エンジニアがハッカソン気分で試してみるレベルではありません。

 

そんなときこの記事を見つけました。
【簡単】Wavesを利用したオリジナルトークンの作成方法のまとめ
https://warucoin.com/wallet/waves/waves-token/

Wavesはブロックチェーンネットワークの1種で、「オリジナルのトークンを簡単発行」「それを上場する」という機能があります。
しかも分散型取引所なので審査や中央組織に支払う手数料が存在しません。
ERC20で必要な手順をすっとばし、以下のように30分もあればICOできるわけです。

  1. bitFlyerなど国内の取引所で、円でBitCoinを2000円分ほど買う
  2. Wavesのアカウントを作り、1のBitCoinをアカウントに移動させる
  3. Decentralized Exchange機能で、BitCoinをWavesに変換する
  4. Token Creation機能で、1Wave(1500円くらい)を消費してトークンを発行

※細かい操作や画面イメージは上記のブログを参照して下さい

で、

オリジナル通貨「STRON ZERO」を発行しました!

25591992_1763272903705394_6878786262462776394_n

用途と価値を虚無とすることで法的なもろもろをクリアしています。
銅蟲氏インスパイアでもあります。
発行枚数は世界人口と同じで、今後は人口とともに増やす設計です。
希薄化を防ぐには人口を減らせば大丈夫です。

 

作ったと同時にWavesのDecentralized Exchangeで取引可能、つまり上場されます。
上場後、5分で価値が60倍になりした!
25591913_1763269677039050_2782620495402473858_n

自分の売り注文を自分で買って操縦できます。
これ専門用語でなんていうんでしょう。株だと違法ですよね。
流動性ないうちは取引所や発行主は好き放題ですね。
今年前半のBitcoinや情報商材界隈のコインはこういう風にやっていったんでしょうか。

 

こんな内容、エンジニアブログじゃありませんよね。
WavesにはREST APIがあります。
https://github.com/wavesplatform/Waves/wiki/Waves-Node-REST-API

次回以降は開発環境の構築と、Wavesベースの地域通貨サービスのサンプルをやっていきたいと思います。

 

つづく。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE