メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2017.12.05

その他

LaTeXで参考文献を書く

LaTeXで参考文献を書く場合、thebibliographyを使用する場合と、BibTeXを使用する場合があります。
今回はその2つについて紹介したいと思います。

thebibliographyの場合

thebibliographyの場合は、下のtest.texのようにすれば参考文献の一覧を表示させることができます。

testTwo
しかし、「~以下の特徴があります.」に参考文献を追加するため、13行目の\bibitem{freeLaTeX}の下に\bibitem{featureLaTeX}を追加して下のtest.texのように編集したとします。

これをコンパイルすると下画像のようになり、\thebibliographyに書いた順になってしまい、参照した順番にはなりません。

testThree

参照した順にするには\bibitem{freeLaTeX}(2番目)と\bibitem{featureLaTeX}(3番目)を入れ替える必要があります。
上のtest.texのように文章量や参考文献の数が少なければ簡単に入れ替えられたりするのですが、多いと管理するのがかなりめんどくさくなります。
そんなときにBibTeXを使うと便利になります。

BibTeXの場合

BibTeXインストール

はじめに以下のコマンドを実行し、BibTeXを使える環境を整えます。

 

BibTeXを使う

まず、article.texというファイルを作成し、以下のようにします。

 

次にBibTeXファイルを作成します。
先ほど作ったTeXファイルと同じディレクトリ内に「ファイル名.bib」というファイルを作ります。
今回はarticle.bibという名前にし、以下のように編集します。

最後に以下のコマンドを打ち、コンパイルします。

すると、このように参照した順に並び替えてくれます。

article

参考文献について

今回使用した文献は本だったので、article.bibの中身はすべて”@book”から始まりましたが、論文を参考文献としたい場合は”@article”を使用します。文献の種類によって必須項目とかも違います。詳しくは以下のサイトを参照してみてください。
Yamamoto’s Laboratory
また、googlescholarなどに引用した文献が存在すればコピペするだけでいいので、わざわざ自分で入力する必要がないです。
bibtexScholar01

bibtexScholar02

bibtexScholar03

おまけ

ちなみに、article.tex2行目のjunsrtをjplainにすると、参考文献が著者名(auther)のアルファベット順(昇順)にソートされるようです。
jplain

 

また、BibTeXを使えば引用したものしか「参考文献」に表示されないので、参考文献として必要なくなった場合は、その参考文献を引用している\cite{〇〇}を消すだけで良いですし、将来的に引用するかもしれない参考文献をとりあえず入れておくということもできます。

まとめ

  • thebibliography:追加でパッケージを入れる必要がない。参考文献が少なければこっちのほうが楽。
  • BibTeX:引用した順に自動で並び替えてくれて、引用したものしか表示されないため、管理が楽。

kmでした。ありがとうございました。

参考サイト

Yamamoto’s Laboratory
BibTeXインストールのための備忘録
LaTeX – Wikipedia
TeX,LaTeXとは?


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE