メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2020.01.05

インフラ

AWS RDS証明書アップデートのダウンタイム実測

AWS RDSの「Certificate update」に「2020 年 2 月 5 日までに Amazon RDS SSL/TLS 証明書を更新してください」の赤マークが付いて久しいですよね。
暗号化通信していないからいいやと放置できるものではなく、いずれ強制再起動が入るので事前にやっておかないといけません。

実際にやってみたダウンタイムの参考です。
具体的な構成は、RDS、Aurola、MultiAZ 1Read、db.r5.xlarge、です。

シングル構成で更新ボタンをポチったところおおむね10秒以内で終わりました。
冗長構成は通常なら「レプリカ(db2)更新 → フェイルオーバー → レプリカ(db1)更新」という作業手順になるでしょう。
ただAWSのフェイルオーバーは30秒〜機嫌が悪いと数分かかることあるのでフェイルオーバーせず「レプリカ(db2)更新 → マスター(db1)更新」という手順を行いました。

そのときのイベントログが以下のとおりですが、ダウンタイム9秒で済みました。
フェイルオーバーしないほうがSLA的に良いでしょう。
更新ボタンを押してからshutdownまで数十秒のラグはありますがその間は動いています。

 

でも暗号化通信している場合はクライアント側の都合もあります。
何かあったとき切り戻せるようフェイルオーバーした方が安全でしょうね。

 


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE