メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2021.03.01

インフラ

【Subversion】誤コミットの取り消し(svnadmin dump | svndumpfilter exclude)

■概要

JTです。バージョン管理ツールでは、誤ってコミットしてしまった場合でも履歴から復元できてしまうため、その取り消しが課題になりがちです。
今回はSubversionにコミットしてしまったファイルを指定してリポジトリから消したい、という要望への対応方法を記載します

■参考

https://mashpote.net/2016/09/10/post-542/

■作業手順

※事前に利用者に利用停止を呼びかける、アクセス権を一時的に停止するなどしてsvnの利用を止めたうえで下記作業を行います。

1. 現在のリポジトリから除外パスを指定してダンプファイル作成

svnadmin dump /path/to/repository | svndumpfilter exclude \
/doc/derete/file1.txt \
/doc/delete/directoryname/ \
> /path/to/backup/repos.dump

除外パスに日本語ファイル名(ここではSJIS)を含む場合にエラーとなる場合、環境変数で文字コードを一時的に設定します
LANG=ja_JP.SJIS
LC_ALL=ja_JP.SJIS

2.元のリポジトリのバックアップ

リポジトリをリネームしてバックアップを取得。
mv /path/to/repository /path/to/repository.bak

3.リポジトリの新規作成

同じ名で作成します。
svnadmin create /path/to/repository

4.ダンプファイルのリストア

最初に作成したダンプファイルを上記で新規作成したリポジトリにリストアします。
svnadmin load /path/to/repository < /path/to/backup/repos.dump

5.hooksやconfファイルの反映

/path/to/repository/hooks
/path/to/repository/conf
など初期設定以後設定追加している場合は、バックアップより認証情報等を書き戻します
例)
rm -rf /path/to/repository/conf
cp -rp /path/to/repository.bak/conf /path/to/repository/conf

6.リポジトリからの再チェックアウト

これで過去のリビジョンから該当ファイルを取り出すことはできなくなりました。
(コミットログ上にはファイルのコミット情報は残りますが、履歴から開こうとするとエラーとなります)
念のため再チェックアウトを利用者に依頼します


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE