メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2015.01.15

開発環境・ツール

Vimの環境構築とか設定とか

こんにちは、KTです。

一度自分のVim環境が壊れて再構築したので、メモがてら私のVimの設定やら何やらを紹介しようと思います。他にもこんな良い設定orプラグインあるよってのがあれば教えて下さい!

ちなみにMacのターミナルから使用するVimとMacVimの設定なので、WindowsのGVimだと動かないかもです。Macのターミナルで動くからLinuxでも動くはず・・・

1. インストール

なり

なりなんでもどーぞ

2. 設定ファイル群の準備

設定ファイル群はGithubで管理しようと思います。パブリックだと無料なので。

別にCodebreakでもBitbucketでもなんでもいいです。もちろんローカル管理でもOKです。

1. Githubの準備

Githubにアクセスして、dotfilesって名前のリポジトリを作ってください。

その後、ターミナルから

を実行してクローンしておきましょう。

2. 設定ファイルの配置

ターミナルから

と実行して、~/.vimrcと~/.gvimrcが見える状態にしましょう。

3. NeoBundleの準備

Vimのプラグイン管理として、NeoBundleというプラグインを利用します。詳細はリンク先を見てください。

ターミナルから

を実行しましょう。これで、~/.vim/bundle/neobundle.vimが見えるようになります。

次に、設定ファイルにNeoBundleを利用するための設定を記述します。

~/.vimrcを開いて、以下のように設定を追加しましょう。

これでNeoBundleの準備はOKです。

なお、NeoBundleでインストールしたプラグインは~/dotfiles/.vim/bundleの下にインストールされるため、このディレクトリをgit管理対象外にします。

~/dotfiles/.gitignoreを作成し、以下のようにしてください。

4. NeoBundleでインストールするプラグインの設定の追加

NeoBundleでは、インストールするプラグインを.vimrcファイルで管理します。

~/.vimrcを開いて、3.でNeoBundle Plugins Hereとした箇所に下記のように設定を追加してください。

このように、NeoBundleで管理するプラグインは

の形式で記述します。

5. その他設定の追加

NeoBundle以外にも、.vimrcにVimの設定をどんどん追加していきましょう。

6. 設定ファイルのコミット

設定ファイルを書き終えたらGithubにあげておきましょう。

3. NeoBundleプラグインのインストール

ここまで出来たら、vimを起動し、起動時に未インストールのプラグインをインストールするかどうか聞かれるのでインストールしましょう。

もし聞かれなければ、vim上で以下のコマンドを実行すれば、未インストールのプラグインをインストールできます。

これでVimの設定は完了です。Githubで設定ファイル群を管理するようにしたことで、別の環境でVimのセットアップをする時も簡単に出来ます。

 

 

※ 別の環境への設定取り込み方法

1. Vimをインストールしましょう。

2. 手順2の1.で作成したGithubをホームディレクトリ(~/)にクローンしましょう。

3. クローンした~/dotfilesディレクトリで下記のコマンドを叩きましょう。

4. ホームディレクトリにリンク貼りましょう。

5. Vim起動しましょう。起動時に未インストールのプラグインのインストールを求められるのでインストールしておきましょう。

 

以上

 

 


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE