メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2015.01.15

開発環境・ツール

UnityからKiiCloudを使う

こんにちは、KTです。

UnityからKiiCloudに接続する対応が必要だったので、備忘録兼ねて簡単に紹介します。

※ KiiCloudで出来ることの一部しか使ってないのであしからず。

KiiCloudとはMBaasの一種で、ユーザ管理やデータ管理を提供しています。

詳細はリンクを参照。

 

※ 前提

KiiCloud上でUnity用のアプリを作成しておいてください。

ここではUnityとの繋ぎ込みの部分のみ説明します。

※ 前提2

今回、データ管理のみしか使用していないので、

説明もデータ管理部分のみとなります。

ユーザ管理等々を使いたい方はググってください。

 

1. KiiCloudのSDKのインストール

KiiCloudのサイトから、Unity用のSDKをダウンロード。

https://developer.kii.com/v2/downloads

ダウンロードが完了したら、Unityを起動し、

Assets > Import Package > Custom Package

からパッケージをインポート。

インポートが完了したらUnityのProjectビューにKiiディレクトリが生成されていることを確認してください。

 

2. 初期化

Unity上で、適当なゲームオブジェクトを作成し、

Kii > Libs > KiiCloudUnitySDK > KiiInitializeBehaviour

をアタッチ。

その後、KiiCloudの管理ページから取得したApp ID、App Keyを

KiiInitializeBehaviourのパラメータに設定。

 

3. ログイン及びバケットの作成

3.1. ログイン

今回はユーザ管理を使わないため、下記の用にして仮ユーザでログインします。

 

3.2 バケットの作成

バケットとはKiiCloud上のデータの種類分けに用いられる、ディレクトリのようなものです。(階層構造は持てませんが)

データを管理するために、まずはデータの入れ物となるバケットを用意します。

 

4. データの操作

4.1. データ格納

データをKiiObjectと呼ばれるKiiCloud上のデータ管理用オブジェクトに格納します。

KiiObjectはKiiBucket内に複数持つことが出来ます。

 

4.2. データ検索

バケットに登録されているデータを検索するにはKiiQueryを使用します。

KiiQueryは、KiiClauseにより構成された検索用クエリです。

bucket.Query()に空のKiiQueryを渡すと全件検索になります。

検索結果はKiiQueryResult<KiiObject>オブジェクトに格納され、foreach等でKiiObjectを取り出すことが出来ます。

なお、一度の検索で取得できるデータは最大200件までです。

続きが必要であれば、以下のようにして201件目以降のデータを取得することが出来ます。

 

4.3. データ更新

KiiCloudのデータはKiiObjectのSaveメソッドを呼ぶことで更新出来ます。

 

 

とりあえず、今回の対応で使ったのはここまで。

以上。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE