メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2019.08.25

開発環境・ツール

インフラも見るプログラマーにはMacbook12がオススメ

坂東です。

一人でサービスを作りきるのが得意なのでサービスが軌道に乗るまでインフラの面倒は自分で見ます。
当たるかどうか分からないサービスにインフラ担当つけるは申し訳ない・・・

他の仕事で外回り中や、休み中も気になるので、トラブル時にはサッとモバイルPCを取り出し対応したいものです。
先週のAWSの大規模障害つらかったですよね・・・

開発のメイン機はMacbookPro13なのでモバイル機も当然Mac。
操作感は合わせないと使いづらい。
MacbookPro13も十分モバイル機じゃんと思われるでしょう。
でも私はサブにMacBook12を使っていて、主に以下の理由からです。

 

2.4Aの充電器が使える
ごちゃごちゃしたアクセサリーは無しで裸のMacbookだけを持ち歩いています。
アラート来たらスマホでテザってサーバーに接続。超身軽。
でも作業が長引くとバッテリーが心配になるもの。
Macbook12なら2.4A(12W)充電器で充電しながら作業ができます!
12Wってスマホやタブレットの急速充電器なので調達しやすい。
近くに無くてもコンビニやダイソーで売っているので徳島みたいな田舎でも大丈夫。
MacbookProは30Wはないと充電が追いつかないため大きな電器屋にいかないと在庫は無いでしょう。

 

中古が安い
じゃんぱらで「Macbook12」で検索してみてください。
https://www.janpara.co.jp/sale/search/result/?KEYWORDS=macbook12
10万円以下の個体がゴロゴロ出てくるでしょう?
皆さんのメイン機のMacbookProはメモリとSSDを盛っているので30万円にはなっているはずです。
30万円の物体を持ち歩くって怖くないですか?
その点10万円しないMacbook12なら壊れてもショックは軽いです。
もう底値なのでリセールバリュー気にせずカバー類無しで雑に扱えるのも嬉しい。
でも2015は非力すぎるので2016以降がおすすめです。そんなに価格差ありませんし。

 

やっぱり軽い
本体重量、MacbookPro13は1.37kg、Macbook12は0.92kg。
アクセサリー類を持ち歩くモードだと充電器が30Wは140g、12Wは60g
本体+充電器で500gぐらいの差となります。だいたいスマホ3台分。
これだけあるとカバンの中に入れても重さの違いを感じます。

 

Macbook12はオススメというお話でした。
新型出して欲しいなあ。

もしくはXcodeのMac縛りを外してください・・・

 

おわり。


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE