メニューを閉じる

テクノモバイルグループ

メニューを開く

2019.11.12

DB

RDS Aurora の sql_mode がデフォルト値に戻せない

坂東です。

ついさっきたまたま知ったんですけれど、MySQLのパラメーターに「sql_mode」なんてものがあるんですね。
SQL実行時にエラーや挙動の制御をしてくれる結構重要そうなやつ。

 

MySQL5.7のデフォルトは、

sql_mode=ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION
※マイナーバージョンでも変わるみたい・・・

 

MySQL5.6は

sql_mode=STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION

 

RDS Auroraは

sql_mode=0

 

Auroraはデフォルト値「なし」です。

なしってのもあれだけどONLY_FULL_GROUP_BYとかいらねえなと、MySQL5.6相当の「STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION」を設定してみる。
コンソールで書き換えて、

 

dynamic項目なのでインスタンスの再起動不要で反映される。

 

mysql> SELECT @@GLOBAL.sql_mode;
+——————————————–+
| @@GLOBAL.sql_mode |
+——————————————–+
| STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION |
+——————————————–+
1 row in set (0.00 sec)

 

 

なんとなく元に戻してみる。コンソールで「0」に書き換えて、

 

dynamic項目なのでインスタンスの再起動不要で反映され・・・ない。

mysql> SELECT @@GLOBAL.sql_mode;
+——————————————–+
| @@GLOBAL.sql_mode |
+——————————————–+
| STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION |
+——————————————–+
1 row in set (0.00 sec)

 

ほかの値に書き換えると反映される。
とにかく「0」だけ反映されない

インスタンス再起動したら反映された。

 

RDS Auroraでsql_modeを書き換えたら、

インスタンス再起動しない限り、

デフォルト値に戻せないので気をつけましょう!

 

これってRDSのバグですよねえ?まあ、そのうち治ってそうな気がする。
それにNO_ENGINE_SUBSTITUTIONとか明らかにどうでもいい値設定すれば反映されるので致命的ではないでしょう。

 

おわり。

 


【テクノモバイルではエンジニア/デザイナーを積極採用中です!】

下記項目に1つでも当てはまる方は是非、詳細ページへ!
  • 自分でアプリを作ってみたい
  • ITで世の中にワクワクを生み出したい
  • 使いやすさ、デザインにこだわったWebサイトを開発したい

採用情報の詳細はこちら


Qangaroo(カンガルー)

  • 徹底した見やすさと優れた操作性で、テストの「見える化」を実現。
  • テストの進捗が見える。開発がスマートに進む。
  • クラウド型テスト管理ツール『Qangaroo(カンガルー)』
https://qangaroo.jp/

最近の記事

SNS共有

X CLOSE
X CLOSE
X CLOSE